ゲノム編集受精卵について

ゲノム編集受精卵で引渡しされる受精卵数はどのくらいですか。
最低単位で100個以上となります。それ以上ご希望の場合は応相談となります。
ゲノム編集受精卵作製では、マウスの種類を問わず受精卵を100個以上作製してくれるのでしょうか。
お客様のお持ち込み、特殊なマウスの使用をご希望の場合、恐縮ですが採卵数の保証はできかねます。お客様にデータがなければ、予備実験用のマウスを提供して頂くこととなります。詳細はお問合せください。
ゲノム編集受精卵作製に使用されるマウスの数・週齢を教えて下さい。
ゲノム編集受精卵100個を作製する際に、弊社で最も実績のあるC57BL/6Nであれば、メスマウス4週齢を10匹・オスマウス8週齢を2匹使用しております。その他のマウスについては、サイズや性成熟の時期により、柔軟に対応しています。
ゲノム編集受精卵の輸送は、冷蔵のほうがダメージが少ないようだが対応可能ですか?
冷凍、冷蔵、両方に対応可能です。ただし、冷蔵の場合は冷蔵開始後72時間以内の移植が必要です。目安として、到着日あるいは到着翌日(午前)までが移植可能時間となります。冷蔵は0.5mlのチューブで行っています。
受精卵は冷蔵胚と凍結胚のどちらで、納品可能でしょうか?
当社では、冷蔵胚、冷凍胚のいづれも対応可能です。
  なお、冷蔵胚と冷凍胚のメリットデメリットは下記のようになります。
【冷蔵胚】
□ メリット
 ・融解技術を必要としない
 ・融解の手間が省ける
 ・特別な試薬を必要としない
■ デメリット
 ・冷蔵胚を移植する時間が限られている(72時間以内)
 ・偽妊娠マウスを必要数確実に準備しておかないといけない
【凍結胚】
□ メリット
 ・移植者のスケジュールを立てやすい
 ・偽妊娠マウスの数に応じて、凍結胚を融解させればよい
■ デメリット
 ・融解技術が必要(手技の熟練度により、回収胚が減る)
※弊社では、スケジュールの観点から、凍結胚をおススメしております
冷蔵保存はどのような方法に則って行っているのですか?
熊本大学CARD(Center for Animal Resources and Development)に則っています。
以下からご確認下さい。2細胞期胚の冷蔵保存・輸送について。
2Cellのステージで輸送できますか?
2cell stageの方が安定なので、2 cell ステージで輸送です。
日曜日に発送できますか?(火曜日に移植したい)
追加のお見積りになりますが、日程により対応は可能です。詳細はお問い合わせ下さい。

参考文献

  1. Hashimoto, M. and Takemoto, T*. Electroporation enables the efficient mRNA delivery into the mouse zygotes and facilitates CRISPR/Cas9-based genome editing. Sci. Rep. 5, 11315; doi: 10.1038/srep11315 (2015).
  2. Hashimoto M, Yamashita Y, Takemoto T*.Electroporation of Cas9 protein/sgRNA into early pronuclear zygotes generates non-mosaic mutants in the mouse. Dev. Biol. 418: 1-9 (2016).
  3. Tanihara F, Takemoto T*, Kitagawa E, Rao S, Do L, Onishi A, Yamashita Y, Kosugi C, Suzuki H, Sembon S, Suzuki S, Nakai M, Hashimoto M, Yasue A, Matsuhisa M, Noji N, Fujimura T, Fuchimoto Di, Otoi T*. Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs. Science Advances. 2 (9) e1600803 (2016).
  4. Sawatsubashi S*, Joko Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Sugano SS*. Development of versatile non-homologous end joining-based knock-in module for genome editing. Sci Rep. 2018 Jan 12;8(1):593.