セツロテックのモデルマウスサービスでは、下記内容をご利用いただけます。

糖尿病・肥満モデルマウス

受精卵エレクトロポレーション法(GEEP法)を用いて作製した、レプチン受容体の塩基欠損マウスです。組織学的解析結果では、糖代謝・脂質代謝異常により脂肪肝が見られることから、II型糖尿病・肥満モデルとして有用です。

PA-Creマウス with Magnet System

このマウスは、青色光照射装置を用いて外部から照射することで、照射部位のみで Cre-loxP 反応が起こり、遺伝子を欠損させることができます。
このマウスを活用することで、任意のタイミングで疾患を発症させたり、特定の組織のみで疾患を発症させたりすることで、遺伝子機能をより詳細に調べることができるようになると期待されます。