ご研究に合わせたゲノム編集培養細胞を受託でお手軽に作製

細胞株を送るだけでゲノム編集細胞がお手元に

面倒な作業をすべて委託

CRISPR/Cas9ライセンスに関し、国内での研究用途について安心してご利用可能

ゲノム編集に詳しくなくても手厚いテクニカルサポート

概要図

ノックイン細胞の作製

VIKING法により、ゲノム上の指定位置(例えばセーフハーバーサイト)に、任意の配列を含むドナーべクターを挿入した培養細胞を作製します。多くの場合、もう片方の対立遺伝子では、数塩基のランダムな塩基の欠損や挿入(indels)が導入されます。任意の配列中にプロモーター配列を含めれば、外来遺伝子の発現(ノックイン)が期待できます。

ノックイン細胞作製サービス

セツロテックの独自技術VIKING法を活用し、任意の配列をゲノム上の指定位置にノックインした遺伝子改変培養細胞を作製する受託サービスです。遺伝子情報などをお伝えいただき、ご使用の細胞株を送付いただければ、セツロテックで、ターゲットデザイン~ゲノム編集細胞作製~コロニー純化~再培養まですべて担当します。臨床などの他業務でお忙しい方やゲノム編集に詳しくない方でも、ご自身の研究にあった遺伝子改変細胞をお手軽に作製可能です。また、試験のカスタマイズ、ゲノム編集後の各種解析にも喜んで対応します。

ご提供いただくサンプル/情報

遺伝子情報

・NCBIなどのアクセッションナンバー
・ターゲット設計(ご希望があれば)
・致死遺伝子情報

細胞種(1.0×10⁶ cells/凍結バイアル x 2本)

・HEK293-F、HaCaT、Jurkatなどゲノム編集を行いたい細胞のご送付
・マイコプラズマ感染の有無

培養環境

・完全培地(500mlx2本、特殊な培地を除く)
・培養プロトコル

マイルストーン

マイルストーン

仕様:納品物・目安納期・価格

納品物 目安納期 価格
試験計画書、凍結細胞バイアル(1.0×10⁶cells/vial x2本/クローン、最大2クローン)、作業報告書 4.5か月~ お問い合わせください

オプション

各種解析

・FACS
・Western Blot
・RT-qPCR

品質チェック

・細胞増殖性試験(MTT等)
・細胞毒性試験(WST8、LDH等)
・アポトーシス確認試験(カスパーゼ活性測定・FACS等)
・マイコプラズマ汚染簡易試験

関連記事

  • ゲノム編集がHIV感染の根治に名乗り出る

  • CAR-T療法によるがん治療

  • ゲノム編集による HLA遺伝子改変がiPS再生医療の鍵か?