TALEN

部位特異的ヌクレアーゼを利用して、思い通りに標的遺伝子を改変するゲノム編集技術の一つで制限酵素であるFokIをDNA切断ドメインとして、植物病原細菌キサントモナス属(Xanthomonas) から分泌されるTALEタンパク質のDNA結合ドメインを融合させた人工酵素。TALEタンパク質から成るDNA結合ドメインは34個程度のアミノ酸の繰返し構造(モジュール)をとっている。その中で、アミノ酸第12位と13位が可変となっており、標的配列と結合する部分で「反復可変二残基」(RVD) と呼ばれる。L TALENとR TALENのペアとして、標的DNAの反対鎖にそれぞれ結合する必要がある。FokIが切断活性を示すためには、TALENが適切な距離を維持して二量体を形成する必要がある。TALENにおけるミスマッチ寛容やオフターゲット活性はほとんど報告されておらず、高い特異性が特徴。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。