スプライシング

ある直鎖状ポリマーから一部分を取り除き、残りの部分を結合すること。主にRNAでの反応をさし、タンパク質で見られる現象はプロテインスプライシングと呼ぶのが一般的。 なおスプライシングが起きるのは真核生物の転写の場合のみで、原核生物の転写の場合ではこの過程はない。典型的な真核生物において、DNAから転写されたmRNA前駆体には、イントロンと呼ばれる直接タンパク質のアミノ酸配列を決定していない部分が存在する。pre-mRNA スプライシングは、このイントロンを除き、残りの部分を結合して完全なタンパク質配列を示すmRNAを作ることをいう。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。