セーフハーバーサイト

マウス遺伝子に挿入する場合に非常に安定した遺伝子ターゲティング部位。Rosa26部位もその一つでマウス胚胎幹細胞遺伝子突然変異を研究した時に発見された。Rosa26はGt(ROSA)26Sorと称され、マウス6号染色体にあり、3つのエクソンで構成した非コード遺伝子。挿入されたタンパクを発現することが可能で、他の内部遺伝子の発現と機能に影響しない。全ての細胞種類と発育階段も幅広く発現している。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。