リアルタイムPCR

Real-time PCR)は、定量PCR(Q-PCR)のひとつ。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行なう。この定量は蛍光色素を用いて行われ、インターカレーション法では、二本鎖DNAに特異的に挿入(インターカレート)して蛍光を発する色素 (SYBR green I) を用いる。一方で、ハイブリダイゼーション法はTaqManプローブ法が最も一般的であり、DNA配列に特異的なオリゴヌクレオチドに蛍光色素を結合させたプローブを用いる方法である。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。