マイクロインジェクション

微小ガラス管を用いてDNAなどを細胞内に注入する方法。一般には顕微鏡下でマイクロマニピュレータにより,先端の外径を1~2μmにしたガラス管を操作して細胞に差し込み,細胞内に目的物質を注入する。一つ一つの細胞にさまざまな種類の物質を確実に注入でき,発現効率も良い。しかし一度に多数の細胞に対しては行なえず,特別な装置と高度な技術が必要とされる。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。