ノックダウン(Knock down) 

特定の遺伝子の転写量を減少させる操作、または翻訳を阻害する操作。
遺伝子ノックアウトとは異なり、遺伝子の機能を大きく減弱させるものの完全には失わせない。siRNAやmicroRNAなどを用いたRNAiと呼ばれる現象を利用して遺伝子の発現量を減少させることが多い。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。