iPS細胞(人工多能性幹細胞:induced pluripotent stem cells)

体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。
再生医療への応用のみならず、患者自身の細胞からiPS細胞を作り出し、そのiPS細胞を特定の細胞へ分化誘導することで、従来は採取が困難であった病変組織の細胞を得ることができ、今まで治療法のなかった難病に対して、その病因・発症メカニズムを研究や、患者自身の細胞を用いて、薬剤の効果・毒性を評価することが可能となる。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。