HeLa

ヒト由来の最初の細胞株。ヒト子宮頸癌由来の細胞。in vitroでの細胞を用いる試験や研究に幅広く用いられている。接着細胞であり、その形態は上皮様である。増殖能は高く、他の癌細胞と比較してもなお異常に急激な増殖を示す。
また他の樹立された培養細胞株と同様、不死化しており、細胞分裂を無制限に繰り返すことが可能である。これらの特徴に加えて、HeLa細胞は、足場非依存性増殖が可能である点や、特定の実験動物(抗胸腺細胞処理ハムスター頬袋)で腫瘍を形成することから、がん細胞としての性質を持つことが示されている。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。