遺伝子組換え

ある生物から目的とする遺伝子を取り出し、別のターゲット生物のゲノムに導入することで、その生物に新しい性質を付与する技術。
遺伝子組換え技術では、あらゆる生物の遺伝子が利用可能。農作物に遺伝子を導入しようとする場合、導入する遺伝子は交配不可能な植物のみではなく微生物や動物の遺伝子も使うことができる。そのため、交配と選抜では実現困難な形質を付与することも可能で、品種改良の可能性を大きく広げることができる。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。