ノックイン (Gene knockin)

生物の染色体の特定の遺伝子座にタンパク質をコードする相補的DNA配列を挿入する遺伝子工学的手法。胚性幹細胞が扱いやすいことから、通常はマウスに対して行われる。ノックインの技術は、病理モデルを作る時等や、プロモーター等の遺伝子発現の制御機構の機能を研究するために用いられる。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。