エレクトロポレーション(電気穿孔法electroporation)

電気パルスで細胞膜に孔をあけ物質を導入する手法。形質転換法の一種として用いる場合は、細胞懸濁液に電気パルスをかけることで細胞膜に微小な穴を空け、DNAを細胞内部に送り込むことで、形質転換することができる。 この方法は、大腸菌や動物細胞、糸状菌などの形質転換に使用されている。 他の形質転換法に比べて簡単であることが大きな利点ではあるが、専用の器械を必要とすることなど短所も多い。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。