カルタヘナ法

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律は、遺伝子組換えなどのバイオテクノロジーによって作製された生物の使用等を規制するための法律。生物多様性の確保のために、遺伝子組換え生物等の使用等の規制を講ずることにより、カルタヘナ議定書の実施を確保し、また人類の福祉および国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的として作成された。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。