九州大学医学研究院の沖真弥助教と共同研究を締結

2017.09.25Official

ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテック(本社:徳島県徳島市、代表取締役:竹澤慎一郎、以下セツロテック)は、疾患モデル動物・培養細胞の作出を目的とした候補ゲノム領域の探索と機能解析について、九州大学医学研究院基礎医学部門 発生再生医学の沖真弥助教(以下沖助教)と共同研究契約を締結しました。

【共同研究の背景】
セツロテックでは、ゲノム編集技術を活用した独自の疾患モデル動物もしくは疾患モデル細胞の開発を行っています。疾患モデルを開発する際に、遺伝子改変することにより疾患様の形質が得られるような対象遺伝子の選定が重要になります。一方、九州大学の沖助教は、公共データベースにあるChIP-seq データを全ての研究者が簡単に利活用できるためのソフトウェアやデータベースChIP-Atlas (http://chip-atlas.org)を開発しています。とくに全ての ChIP-seq 公開データを網羅的に収集し、統合的な解析をおこなうことで新しい知見を探索しています。そこで、沖助教によりChIP-Atlasや公共データベースより疾患関連ゲノム領域の探索を行い、疾患候補遺伝子を抽出します。それら候補遺伝子を解析するために、セツロテックでは培養細胞をゲノム編集技術により改変し、機能解析を実施します。

【今後の展望】
上記の研究を通し、新たな疾患候補遺伝子の探索を行い、培養細胞で疾患モデルを作成することを目指します。新たな疾患モデル培養細胞が開発されるだけでなく、このような手法により候補遺伝子が抽出できることが示されれば、まだ治療法の見つからない難病の治療法開発にも貢献できるものと見込まれます。

◆株式会社セツロテックについて
1. 商号:株式会社セツロテック
2. 代表者:代表取締役 竹澤慎一郎
3. 所在地:徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター5F
4. 設立:2017年2月22日
5. 主な事業の内容:ゲノム編集による創薬支援サービス
6 URL:https://www.setsurotech.com/

◆国立大学法人九州大学医学研究院基礎医学部門 発生再生医学
1. 商号:国立大学法人九州大学
2. 代表者:学長 久保 千春
3. 共同研究者:助教 沖 真弥
4. 所在地:福岡市東区馬出 3-1-1
5. URL:https://researchmap.jp/okishinya/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社セツロテック 担当:竹澤
E-mail: setsuro@setsurotech.com

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。