ゲノム編集ラット受託作製サービスのご案内

受精卵エレクトロポレーション法(GEEP法)による
ノックアウトラット(SD系)の作製サービスを開始予定です。

ラットは生理試験、薬理試験、毒性試験、行動解析などで、広く利用されている実験動物です。

セツロテックでは、ゲノム編集ラットの第一弾として、受精卵エレクトロポレーション法(GEEP法)による塩基欠損ラットの受託作製サービスを開始しました。

今後は、マウス同様、点変異、Flox、KIラットの作製も行っていく予定です。

マウスでは作製できなかった、中枢神経系モデル作製や外科的処置を含めた試験などに、ぜひご利用ください。

ページの先頭へ