ラット

実験動物の一種。野生のドブネズミ(Rattus norvegicus)を改良して作られた実験用の飼養変種だが、マウスとの差別点として、胆嚢がない。
ハツカネズミの飼養変種であるマウスと同様、医学や生物学(特に行動学)の分野でモデル生物として用いられる。アルビノのものがよく用いられる。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。