PCR法(polymerase chain reaction)

DNAサンプルから特定領域を数百万〜数十億倍に増幅する、分子生物学の分野で広く使用されている一連の反応またはその技術。DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して、一連の温度変化のサイクルを経て任意の遺伝子領域やゲノム領域のコピーを指数関数的(連鎖的)に増幅することで、少量のDNAサンプルからその詳細を研究するに十分な量にまで増幅することが目的。
DNA鎖長による変性とアニーリングの進行速度の違いを利用して、反応溶液の温度の上下を繰り返すだけでDNA合成を繰り返し、任意のDNAの部分領域を増幅する。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有ください。