点変異細胞作製(遺伝子リプレイス)の図

点変異細胞作製

弊社では、遺伝子リプレイス法を用いて、培養細胞における点変異細胞を作製することができます。
まず、内在性の遺伝子のノックアウトを行い、その後セーフハーバーサイトに、点変異配列をノックインします。
セーフハーバーサイトへのノックインのため、点変異遺伝子は内在性の発現ではなくなってしまいます。
その他、マウス遺伝子をヒト遺伝子に置き換える「ヒト化」(humanization)などの利用方法も可能です。

点変異細胞作製(遺伝子リプレイス)の納期

商品名 納期
遺伝子リプレイスサービス 6か月~

※徳島大学ならびに納品先研究機関において、当該遺伝子の遺伝子実験と動物実験実施の承認を得るための手続き、その他書類作製時間を除きます。

オプション

オプション名 詳細
NGS解析
価格:1,500,000円
オフターゲット効果の確認に!
弊社にて作製されましたゲノム編集細胞のコロニー純化後、配列決定時にサンガー法によるダイレクトシークエンスの代わりにNGS解析を行います。
Western Blot
価格:200,000円
タンパク質レベルでの発現(欠損or過剰発現)確認に!
弊社にて作製されましたゲノム編集細胞のコロニー純化後、Western Blotを用いてタンパク質の発現を確認致します。
*抗体をご送付頂く必要がございます。
納品数増加 複数ラインで検討するために!
納品するコロニー数を増やします。(通常納品数:1~2コロニー/30万円)
●納品数 3~4コロニー:+15万円
●納品数 5~6コロニー:+20万円
*それ以上での納品をご希望される場合は要相談
RT-PCR mRNAレベルでの発現(欠損or過剰発現)確認に!
逆転写PCRを用いて、各段階でのゲノム編集細胞のmRNAレベルでの発現確認を行います。
●ベクター構築時の発現確認 25万円
 
●再培養後の発現確認 1万円/コロニー

ご注文の一例

ノックインした細胞のバリデーションを行いたいが、クローンが少なく不安…

追加でクローンを納品することができます!

追加でクローンを納品

ノックアウトした細胞で本当にタンパクの発現が消失したか確認したい…

Western Blot解析でタンパク質の発現を確認します!

Western Blot解析でタンパク質の発現を確認

よくある質問

参考文献

  1. Sawatsubashi S*, Joko Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Sugano SS*. Development of versatile non-homologous end joining-based knock-in module for genome editing. Sci Rep. 2018 Jan 12;8(1):593.