ノックインマウスとは

ノックインマウスは、外来遺伝子をマウスゲノム上に導入し、遺伝子、タンパク質の機能を解析する際に用いるマウスです。外来遺伝子の挿入により、同時に内在性遺伝子を破壊するような設計、また、ROSA26遺伝子座への挿入によるユビキタスな発現など、様々な設計をすることができます。マウスタンパク質の局在を調べるためレポータータンパク質との融合もノックインマウス作製に該当します。
弊社では、CRISPR/Cas9の系を用いて、最大2kbpまでのノックインが可能になっており、点変異マウス、レポーターマウス、ヒト化マウスの作製が可能でございます。

ノックインマウスの図

ノックインマウス作製

点変異マウス作製

点変異の図

点変異マウスの作製

ガイドRNA、ssOligoDNA、Cas9タンパク質を用いて、点変異マウスを作製致します。
ガイドRNAの切断効率によって、点変異の効率が変わるます。
従いまして、予備実験を行い、その後に点変異受精卵、マウス作製を行います。

点変異マウス作製の料金

商品名 価格
F0ゲノム編集受精卵サービス 54.5万円~(予備実験を含む)
F0塩基欠損マウスサービス 要相談

※徳島大学ならびに納品先研究機関において、当該遺伝子の遺伝子実験と動物実験実施の承認を得るための手続き、その他書類作製時間を除きます。

点変異マウス作製のマイルストーン

点変異マウス作製のマイルストーン

長鎖ノックインマウス作製

長鎖ノックインの図

長鎖ノックインマウスの作製

ガイドRNA、lssOligoDNA、Cas9タンパク質を用いて、長鎖のノックインマウスを作製致します。ガイドRNAの切断効率によって、ノックインの効率が変わりますので、予備実験を行います。その後、lssODNの設計・構築を行い、長鎖ノックインマウスを作製していきます。

長鎖ノックインマウスの納期と料金

商品名 価格 納期
F0長鎖ノックインマウス作製サービス 要相談 要相談

※徳島大学ならびに納品先研究機関において、当該遺伝子の遺伝子実験と動物実験実施の承認を得るための手続き、その他書類作製時間を除きます。

長鎖ノックインマウス作製のマイルストーン

長鎖ノックインマウス作製のマイルストーン

参考文献

  1. Hashimoto, M. and Takemoto, T*. Electroporation enables the efficient mRNA delivery into the mouse zygotes and facilitates CRISPR/Cas9-based genome editing. Sci. Rep. 5, 11315; doi: 10.1038/srep11315 (2015).
  2. Hashimoto M, Yamashita Y, Takemoto T*.Electroporation of Cas9 protein/sgRNA into early pronuclear zygotes generates non-mosaic mutants in the mouse. Dev. Biol. 418: 1-9 (2016).
  3. Tanihara F, Takemoto T*, Kitagawa E, Rao S, Do L, Onishi A, Yamashita Y, Kosugi C, Suzuki H, Sembon S, Suzuki S, Nakai M, Hashimoto M, Yasue A, Matsuhisa M, Noji N, Fujimura T, Fuchimoto Di, Otoi T*. Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs. Science Advances. 2 (9) e1600803 (2016).