ノックイン細胞作製

ノックイン細胞作製の図

ノックイン細胞の作製

主にセーフハーバーサイト(AAVS1)にベクターをノックインします。
セーフハーバーサイトは、初代培養細胞や不死化細胞、人工多能性幹細胞(iPSC)および胚性幹細胞などをはじめとする種々の細胞に目に見える表現型の変化を生じることはないと言われている遺伝子座です。
セーフハーバーサイトへ遺伝子をノックインすることで、目的のタンパク質を安定的に発現させることができます

ノックイン細胞作製の納期

商品名 納期
VIKINGトライアルサービス 1か月~
ノックアウト細胞作製サービス 3か月~

※徳島大学ならびに納品先研究機関において、当該遺伝子の遺伝子実験と動物実験実施の承認を得るための手続き、その他書類作製時間を除きます。

ノックイン細胞作製のマイルストーン

ノックイン細胞作製のマイルストーン

よくある質問

参考文献

  1. Sawatsubashi S*, Joko Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Sugano SS*. Development of versatile non-homologous end joining-based knock-in module for genome editing. Sci Rep. 2018 Jan 12;8(1):593.