SPF等について

動物実験施設の基準を教えてください。
国の実験動物指針に従っております。http://cms.db.tokushima-u.ac.jp/DAV/organization/10998/anex-HP/anex/aigo-c/aigo-c.html
SPFグレードで飼育しており、検査項目は以下のリンクの通りです。
http://cms.db.tokushima-u.ac.jp/DAV/organization/10998/anex-HP/anex/microbe/microbe%20-%202.html
検査は実験動物中央研究所に依頼しております。
ゲノム編集マウスを自己の研究機関に搬入するために、追加の微生物検査(モニタリング)を行ってもらえますか。
追加の微生物検査を行うことはできます。ただ、検査費用と、人件費をお願いしております。また、ご依頼を希望する検査実施機関をお申し出下さい。お申し出がない場合は、実験動物中央研究所に依頼致します。詳細な費用等は個別にお見積りをいたします。

参考文献

  1. Hashimoto, M. and Takemoto, T*. Electroporation enables the efficient mRNA delivery into the mouse zygotes and facilitates CRISPR/Cas9-based genome editing. Sci. Rep. 5, 11315; doi: 10.1038/srep11315 (2015).
  2. Hashimoto M, Yamashita Y, Takemoto T*.Electroporation of Cas9 protein/sgRNA into early pronuclear zygotes generates non-mosaic mutants in the mouse. Dev. Biol. 418: 1-9 (2016).
  3. Tanihara F, Takemoto T*, Kitagawa E, Rao S, Do L, Onishi A, Yamashita Y, Kosugi C, Suzuki H, Sembon S, Suzuki S, Nakai M, Hashimoto M, Yasue A, Matsuhisa M, Noji N, Fujimura T, Fuchimoto Di, Otoi T*. Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs. Science Advances. 2 (9) e1600803 (2016).
  4. Sawatsubashi S*, Joko Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Sugano SS*. Development of versatile non-homologous end joining-based knock-in module for genome editing. Sci Rep. 2018 Jan 12;8(1):593.