ご準備頂く書類等について

ゲノム編集実験を委託する際に必要となる添付書類を教えて下さい。
所属機関の承諾印と承諾番号の記載されている、遺伝子組換え実験計画書と動物実験計画書の添付が必要となります。書式はご依頼者様の所属機関のものをご利用下さい。所属機関が、ゲノム編集は遺伝子組換えに当たらないとの見解であれば、遺伝子組換え実験計画書の添付は必要ありません
所属機関の承諾印と承諾番号の記載されている、遺伝子組換え実験計画書と動物実験計画書は必ず用意しなければならないでしょうか。
原則、遺伝子組換え実験・動物実験の承認書および計画書をお送り頂く必要があります。やむを得ない事情でご準備できない場合は、お気軽にご相談下さい。弊社にて必要事項をお伺いし承認書・計画書に代わる書類を作成し、お客様ご所属機関の各種実験の安全主任者にご捺印の上、ご返送頂くなどのご提案をさせて頂きます。

参考文献

  1. Hashimoto, M. and Takemoto, T*. Electroporation enables the efficient mRNA delivery into the mouse zygotes and facilitates CRISPR/Cas9-based genome editing. Sci. Rep. 5, 11315; doi: 10.1038/srep11315 (2015).
  2. Hashimoto M, Yamashita Y, Takemoto T*.Electroporation of Cas9 protein/sgRNA into early pronuclear zygotes generates non-mosaic mutants in the mouse. Dev. Biol. 418: 1-9 (2016).
  3. Tanihara F, Takemoto T*, Kitagawa E, Rao S, Do L, Onishi A, Yamashita Y, Kosugi C, Suzuki H, Sembon S, Suzuki S, Nakai M, Hashimoto M, Yasue A, Matsuhisa M, Noji N, Fujimura T, Fuchimoto Di, Otoi T*. Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs. Science Advances. 2 (9) e1600803 (2016).
  4. Sawatsubashi S*, Joko Y, Fukumoto S, Matsumoto T, Sugano SS*. Development of versatile non-homologous end joining-based knock-in module for genome editing. Sci Rep. 2018 Jan 12;8(1):593.