セツロテック 2017年 大学発のベンチャーとして設立

会社概要

株式会社セツロテックは、徳島大学発ベンチャーとして、同大学先端酵素学研究所竹本龍也(PI:Principal Investigator)らが2017 年2 月22 日に設立したバイオテクノロジー系ベンチャー企業です。竹本と橋本昌和(大阪大学)は2015 年にCRISPR/Cas9 を使用した遺伝子改変(ゲノム編集)マウスを簡便にかつ高効率に作製できる手法を開発し、その技術を特許出願しました。その技術とは、受精卵エレクトロポレーション法(GEEP 法)といい、CRISPR によるゲノム編集に必要な分子を電気の力(エレクトロポレーション)によってハイスループットに受精卵へ導入する技術になります。この技術を用いて、セツロテックは、遺伝子改変マウスの作製・販売から始め、将来的に産業界で遺伝子改変動物が利用されることを予見しあらゆる遺伝子改変動物を提供する基盤的な企業となることを目標としています。

会社名
株式会社セツロテック
本社
徳島県徳島市蔵本町3丁目18番地の15 藤井節郎記念医科学センター
設立年月日
平成29年2月22日
代表者
代表取締役会長 竹本龍也 / 代表取締役社長 竹澤慎一郎
URL
ゲノム編集による受託事業・研究開発・商品販売及びゲノム編集に関する各種サービス
動物愛護
国立大学法人動物実験施設協議会の認定施設を利用

経営理念

ゲノム編集産業革命で人々の暮らしを豊かに

ビジョン

研究開発支援によるゲノム編集産業の育成

セツロテックは、ゲノム編集技術の革新により、人々の暮らしをより豊かにし、健康に貢献し、産業の発展に寄与することにより、企業価値を持続的に向上することを目指します。 そのために、まずは研究開発支援に着手して、製薬や食品メーカー、そして大学の研究者の皆さまの研究活動の効率化をサポートいたします。

徳島をゲノム編集産業発祥地に

セツロテックは徳島大学で培った技術とノウハウを素に創業いたしました。地域産業への貢献も私たちのビジョンとして掲げたいと考えました.

株式会社セツロテック 創業者一同

沿革

2017年5月
米国ブロード研究所とゲノム編集技術の知財ライセンス契約を締結
2016年12月8日
NEDO TCP 最優秀賞受賞
2016年12月13日
ウィルグループ主催YOAKE 審査員特別賞受賞
2016年12月28日
NEDO SUI採択決定
2017年2月22日
株式会社セツロテックを徳島県徳島市に設立
2017年4月12日
日本アントレプレナー大賞 北尾吉孝賞(ヘルスケア部門賞)受賞

アクセス